膠原病 リウマチ 治療 症状 原因

膠原病記事一覧

 膠原病の疑いがあったら、検査数値や症状のチェックをしましょう。 膠原病は、約20ほどある病気の総称です。 免疫細胞のはたらきの異常が引き起こす病気の1つで、自己免疫疾患と呼ばれています。 免疫細胞は本来、外界より侵入した異物をチェックし攻撃するための機能を持っています。 しかし何らかの原因でその機能が暴走し、自己の細胞や組織を誤って攻撃することがあります。 それにより細胞と細胞をつなぐ組織の炎症...

 その湿疹は膠原病の初期症状かもしれません。 湿疹とは、皮膚炎を意味します。 膠原病には、全身性エリテマトーデス、多発性筋炎および皮膚筋炎、成人発症スチル病、シェーングレン症候群のように初期症状が湿疹として現われるものが多く、皮膚科を受診する患者が珍しくありません。 膠原病の早期診断のためには、初期症状である湿疹の正確な診断が重要になってきます。 膠原病で見られる代表的な湿疹には、次のようなものが...

 その蕁麻疹は膠原病の初期症状かもしれません。 膠原病は女性に多いと言われており、いきなり発症することがあります。 その原因はよく分かっておらず、慢性化することもあります。 そのため、特定疾患に指定されています。 膠原病と言ってもさらに細かく病名が分かれているので、人によって症状に違いが見られることがあります。 よく言われていることとしては、初期症状に蕁麻疹が起きるということです。 これまで蕁麻疹...

 膠原病の皮膚症状では、かゆみはないのでしょうか。 膠原病は自己免疫疾患の一つです。 免疫細胞は本来外界から侵入した細菌やウィルスなどを取り込み除去する働きがあります。 とこらが何らかの原因でそのシステムが乱れ、自身の細胞を異物と認識し攻撃し始めることがあります。 これが自己免疫疾患と呼ばれるものです。 膠原病は関節リウマチ、シェーグレン症候群、全身性エリトマトーデス、強皮症など約20ほどに分けら...

 膠原病では足にむくみが出るのでしょうか。 膠原病という病気があります。 あまり聞き慣れない言葉となっていますが、病院の医師でもしっかりと診断をすることが難しくなっています。 それはなぜなのかというと、さまざまな病気の総称となっているからです。 自分の健康な細胞までも攻撃してしまうことがあるので、自己免疫疾患と呼ばれることもあります。 このように複雑な内容となっている病気ですが、病気の症状が似てい...

 小児膠原病が子供に現れたら深刻になるのでしょうか。      膠原病とは単独の病気ではなく、免疫の異常が原因で起きる似たような症状が現れる疾病を総称したものです。 免疫は自分の身体とそれ以外のものとを認識し、自己以外のものを攻撃します。 ウイルスや細菌が侵入したら殺傷しますし、自分の細胞が異常なものに変わったら排除しようとします。 このような免疫システムがあることで元気に生きていけるのですが、ま...

 膠原病で顔に現れる皮膚症状とは何なのでしょうか。 膠原病は全身性の炎症性疾患であるため、全身にいろいろな症状がでます。 そのうち、顔の皮膚に特徴的な発疹を生じる疾患が二つあります。 一つは、全身性エリテマトーデスの蝶形紅斑(バタフライ・ラッシュ)です。 両頬から鼻をまたぐ形ででき、蝶が羽を広げているようだということで蝶形紅斑と呼ばれます。 全身性エリテマトーデスに特異的な発疹で、これを見れば他の...

 膠原病はその症状によって寿命が違うのでしょうか。 膠原病とは、本来自分を守る働きをする免疫システムが異常をきたし、全身の結合組織を攻撃することで慢性の炎症が身体のさまざまな部分に起こり、特に皮膚、関節、筋肉などに痛みを伴う症状が出る一連の疾病をまとめて呼ぶときの名前です。 原因は不明ですが、膠原病患者の血縁者に膠原病を患う確率が高いこと、一卵性双生児でも必ずしも双方が発症するわけではないことなど...

 膠原病の強皮症では、寿命はどうなるのでしょうか? 膠原病とは、全身の関節、筋肉、血管、内臓などに炎症が起こる疾病の総称です。 湿疹、関節痛、発熱などが共通した症状として見られます。 男性よりは女性に多く、特に比較的若い世代の女性に多く発症します。 古典的な膠原病として、全身性エリテマトーデス、関節リウマチ、リウマチ熱、皮膚筋炎および多発性筋炎、結節性動脈周囲炎があり、強皮症もそのひとつに数えられ...

 膠原病の全身性エリテマトーデスになると、寿命はどのくらいなのでしょうか。 全身性エリテマトーデスは、古典的膠原病のひとつです。 膠原病とは、1942年にアメリカの病理学者クレンペラーが提唱した概念です。 それまで病気というものはどこかの臓器が侵されて起きるものとの考え方でしたが、クレンペラーは全身性エリテマトーデスのように全身に炎症が起き、様々な臓器が同時に障害を受ける疾病もあることに気づきまし...

 膠原病のSLEは完治しないのでしょうか。 SLEとは、「全身性エリテマトーデス」 の英語表記「Systemic Lupus Elythematosus」 の頭文字をとったものです。 SLEは慢性の自己免疫疾患である膠原病のひとつです。 免疫は、細菌やウイルスから身体を守る働きをしますが、その際に自分の細胞は傷つけないという仕組みになっています。 しかし、何らかの原因でその仕組みが異変をおこし、免...

 膠原病は未だに原因がはっきりしておらず、早期発見が難しい病気と言われています。 初期症状は特にわかりづらく、風邪と間違えることも多いのです。 発熱や関節、筋肉の痛みといった症状は風邪でも起こりやすく、ついただの風邪と自己判断してしまい発見が遅れる場合も多くなっています。 風邪とは異なる症状で特徴的なものは、日光を浴びると発赤するといった皮膚症状や、リンパ腺の腫れ、手足の指先まで血液が十分に届かず...

 膠原病の血液検査で抗核抗体とは何なのでしょうか。 膠原病は免疫機能が何らかの原因で異常をきたし、自己の細胞を異物と認識して攻撃することで起きる全身性の炎症性疾患です。 膠原病では、慢性の炎症に由来すると考えられる炎症反応の亢進、免疫異常、臓器の病変による検査異常が認められます。 抗核抗体検査は、膠原病の疑いがあると考えられる身体症状を持つ患者におこなう血液検査として重要なものです。 抗体とは、自...

 膠原病という病気があります。 これは病院の医師でもなかなか判断することができない難しい病気です。 膠原病は、自己免疫疾患と言われるように、自分の免疫反応が大きく関わっているという特徴があります。 また症状が一つだけということはなく、さまざまな疾患の総称となっているのが膠原病となります。 この病気の疑いがある場合には、できるだけ専門の医師がいる医療機関を受診するようにします。 膠原病の特徴としては...

 抗核抗体が40倍だと膠原病なのでしょうか。 膠原病の診断は、医師でも容易なものではありません。 症状が多彩でつかみどころがないことが多く、他の類似疾患との鑑別が難しいのです。 そのため、もしかしたら膠原病かもしれないと思ったら、出来る限り専門に診ている医療機関を受診することが大事になります。 初期症状としては、以下のようなものが挙げられます。 ・原因不明の発熱が続く・身体中の関節があちこち痛んだ...

 膠原病の検査費用はどれくらいなのでしょうか。 膠原病というあまり聞き慣れない病気があります。 これはどのような特徴があるのかというと、さまざまな病気の総称となっています。 このため、病気次第によっては発症リスクが高まる年齢が異なっています。 全体的に見てみると、膠原病では男性に比べて女性の方が発症リスクが高くなっています。 具体的な症状としては、発熱や関節痛や手足のしびれ、この他には湿疹や倦怠感...

 膠原病はどれくらいの確率で遺伝するのでしょうか。 膠原病は単独の病気ではなく、全身の血管、関節、内臓、筋肉、皮膚などに炎症性の症状が現れる慢性の自己免疫疾患をまとめて呼ぶ時の名称です。 膠原病の「膠原」とは、結合組織のコラーゲンを意味しています。 この病気の特徴は、細胞間をつなぐ結合組織に炎症が起きることで、その原因は免疫の働きの異常によるものと考えられています。 全身の炎症性疾患であるため、体...

 膠原病にはストレスが関係しているのでしょうか。 膠原病とはひとつの病名ではなく、同じような特徴を持つ複数の疾患をまとめて呼んだ名称です。 これらは、関節リウマチ、全身性エリテマトーデスなどのように慢性の経過をたどる炎症性の疾患で全身の臓器に様々症状が現れます。 膠原病は、結合組織が侵される自己免疫疾患で、原因はまだわからず、治療法もはっきりとは確立されていません。 膠原病を持つ患者は、他の膠原病...

 膠原病と関節リウマチはどのように違うのでしょうか。 関節リウマチは、代表的な膠原病のひとつです。 膠原病はひとつの病気の名前ではなく、原因不明の全身性の炎症性疾患で、多臓器が障害され慢性の経過をたどる自己免疫疾患を総称したものです。 全身性エリテマトーデス、強皮症、結節性多発性動脈周囲炎などが知られており、現在では30以上の疾患が膠原病とみなされています。 自己免疫疾患とは、免疫が自分の身体組織...

 膠原病と自己免疫疾患の違いは何なのでしょうか。 私達は、生まれながらに免疫というシステムを持っています。 免疫はリンパ球などいくつかの種類の細胞によって役割分担がなされており、細菌やウイルスが体内に入るとそれを撃退すべく働いたり、自分の細胞が異常になったらそれを排除したりします。 私たちが感染症やガンになかなかかからずに生きていられるのは、これらの免疫システムがうまく働いているからです。 免疫系...

 膠原病は治療すれば完治できるのでしょうか。 膠原病は単独の病名ではなく、筋肉や内臓、皮膚など全身の様々な場所に慢性の炎症が起きる疾患をまとめて呼んだものです。 原因不明の自己免疫疾患で、発熱や倦怠感、関節の痛み、皮膚症状などが共通して見られます。 比較的若い年代の女性が発症することが多いのも特徴です。 膠原病は、現在のところ完治できる病気ではありません。 膠原病の治療には、主に副腎皮質ホルモン(...

 膠原病治療で使われるステロイド剤と免疫抑制剤には、副作用があるのでしょうか。 膠原病と診断された場合、治療の第一選択として副腎皮質ホルモン(ステロイド)が選ばれます。 副腎皮質ホルモンは炎症を抑えたり、免疫を抑制する効果が高く治療にとって欠かせない薬であり、この薬によって膠原病全体の5年生存率は飛躍的にあがりました。 基本的には、内服薬として使用し、症状が重い場合や内服では十分に効果がない場合に...

 膠原病で間質性肺炎になった場合の余命は、どのくらいなのでしょうか。 膠原病とは自己免疫疾患、リウマチ性疾患、結合組織疾患の3つの疾患が重なった病気です。 自己免疫疾患は、外部の敵から自分を守る「免疫機能」が異常反応し、自分の細胞を敵とみなし攻撃してしまう病気です。 リウマチ性疾患は、関節や筋肉、皮膚に痛みやこわばりが生じる病気です。 結合組織疾患は、細胞同士を結び付ける結合組織に異常が生じる病気...

 膠原病における間質性肺炎の生存率は、どれくらいなのでしょうか。 肺は呼吸によって大気中のガスと血液中のガスの交換をおこなう臓器です。 末端は肺胞と呼ばれるごく小さなぶどう球のようなものでできており、毛細血管と絡みあっています。 その周りをやわらかいスポンジのような組織が取り囲み、それが呼吸につれて膨らんだり萎んだりすることによってガス交換がおこなわれています。 一般に肺炎というと、気管支や肺胞が...

 肺は空気中のガスと血液中のガスを交換する呼吸器官であり、空気を取り入れる肺胞と毛細血管が末端部で隣接しています。 その肺胞と毛細血管を支える役割をしているのが間質です。 この間質に炎症が起きたものを「間質性肺炎」といいます。 本来この部分は目の細かいスポンジのように柔らかい組織ですが、炎症が進むと肥厚して硬くなり、肺の膨張と収縮という活動がうまくできなくなります。 間質性肺炎が進行し、炎症部分が...

 膠原病(こうげんびょう)は、国の難病に指定されている疾患です。 通常の疾患が特定の臓器で発症するのに対して、膠原病は全身で炎症が起こります。 そもそも難病とは、原因が不明であり治療方針も未確定で、後遺症を残す可能性が高い疾患のことです。 「経過が慢性にわたり、単に経済的な問題のみならず介護等に著しく人手を要するために、家族の負担が大きくまた精神的にも負担の大きい疾患」というような定義づけがなされ...

 膠原病には難病による医療費の助成があるのでしょうか。 膠原病という病気があります。 これは、自分の正常な細胞を間違って攻撃してしまうという厄介な病気です。 すなわち自己免疫反応によって発生する病気の総称として考えられています。 実際に膠原病として該当する病気はたくさん存在します。 発症原因がはっきりとわかっていないので、治療方法が確立されていないという背景もあります。 国では難病に指定されている...

 膠原病の人が妊娠するとどのようなリスクがあるのでしょうか。 膠原病は女性に多く、特に全身性エリテマトーデスのように20代〜30代で発症する疾患の場合、妊娠・出産について考えないわけにはいきません。 かつては膠原病と診断されたらリスクが高すぎるため、子どもを持つのはあきらめた方がいいと言われていました。 しかし、今では病状が落ち着いていれば十分可能なこととなりました。 妊娠・出産は、身体に大きな影...

 男性で膠原病の疑いがあったら、仕事はどうするのでしょうか。 男性で膠原病と思われる症状が出たら、すぐに病院で診てもらうことが良いのですが、しばらくは仕事を休ませてもらったりと対応するのが好ましいです。 身内に膠原病を発症したことがある人がいたり、過去に病歴があったりと条件によっても見方が変わってくるところです。 男性であっても膠原病になることも少なくないため、気になる症状が現れた時には無理に仕事...

 膠原病とは、全身の結合組織に変性をおこす炎症性疾患、筋肉や関節に痛みやこわばりを生じるリウマチ性疾患、免疫異常によって起きる自己免疫疾患という三つの特徴をあわせもった一連の疾患群をいいます。 関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、全身性強皮症などがあり、男性よりも女性に多い傾向があります。 膠原病の原因はまだわかっていませんが、遺伝的素因を持った人がある種の誘因にさらされることにより発症するので...

 膠原病になると疲れやすいのでしょうか。 膠原病という病気を知っているでしょうか。 あまり、聞き慣れない名前ですが、これは一つの病気を表したものではありません。 いくつかの関連性のある病気をまとめて『膠原病』と呼んでいます。 よく知られた病気には、リウマチがありますが、これは膠原病の一つです。 他には、それほど知られていませんが、全身性エリテマトーデスやシェーグレン症候群などもあります。 膠原病の...

 膠原病の治療期間はどうして長くなるのでしょうか。 膠原病をご存知でしょうか。 文字から考えても、どんな病気か想像がつかない人が多いことでしょう。 実際に、膠原病は難しい病気とされています。 それは、ある一つの病気のことを指すのではなく、共通の特徴を持った数種類の病気をまとめて膠原病と呼ぶからです。 例えば、関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、多発性筋炎・皮膚筋炎、結節性多発動脈炎などがあります...

 膠原病の予備軍とは、どのようなものなのでしょうか。 膠原病は、特定の病気を表すものではありません。 これは、主にリウマチ性疾患、自己免疫疾患、混合性結合組織疾患という3つの疾患の持つ特徴を併せ持ったものです。 膠原病は、その原因が不明なため、多くの病気が特定疾患とされています。 その症状は、初期段階では風邪と同じようなため、膠原病と気付く人はほとんどいません。 膠原病という名前自体がほとんど知ら...

 膠原病に似た病気とはどういうものなのでしょうか。 膠原病という病名を聞いたことがあるでしょうか。 病名から考えても、どんな病気だか想像できないかもしれません。 膠原病は、一つの病気を表すものではありません。 いくつかの特徴を併せ持った疾患をまとめて、膠原病と呼んでいます。  その特徴とは、免疫機能の異常で生じる自己免疫疾患、リウマチに代表される関節疾患、細胞のつなぎ目となる組織の炎症などです。 ...

 膠原病で検査入院する期間はどれくらいなのでしょうか。 膠原病は、いろいろな疾患をまとめた総合的な呼び名です。 例えば、関節リウマチや全身性エリテマトーデス、多発性筋炎・皮膚筋炎など、あまり聞き慣れない病気も数多く含まれています。 これらの病気には、ある程度の共通的な特徴があるのですが、その診断は簡単ではありません。 血液検査等の結果から、すぐに判断ができるような単純なものではないのです。 このた...

 膠原病と診断されたらどうすればいいのでしょうか。 膠原病は、いくつかの病気をまとまた呼び名です。 全身の関節や筋肉、皮膚などに炎症が起きて、発熱や湿疹、関節などの痛みなどが現れるようになります。 女性に多く見られる病気で、この中には、リウマチや全身性エリテマトーデスなど数多くの疾患が含まれます。 膠原病の原因はまだ詳しくは解明されていませんが、遺伝も含めて、様々な要因が絡んでいると考えられていま...

 膠原病になると、白血球が減少するのでしょうか。? 膠原病は、一つの病気を指すのではなく、特徴的な症状を伴う疾患を総称したものです。 膠原病には、次のような疾患が含まれています。・関節リウマチ・全身性エリテマトーデス・多発性筋炎・皮膚筋炎・強皮症・ベーチェット病・シェーングレン症候群 このなかで、白血球が減少するようになるのは、全身性エリテマトーデス、強皮症、シェーングレン症候群などになります。 ...

 膠原病になると、筋力が低下するのでしょうか。 膠原病のなかに、多発性筋炎・皮膚筋炎という病気があります。 この病気では、筋肉が低下して力が入らなくなったり、痛みが現れたりするようになります。 また、手や指、肘、膝の関節の表面ががさがさとした紅斑が現れるような症状もあります。 さらに、筋肉や皮膚以外にも症状が現れることがあり、関節の痛みなどリウマチと考えられる症状になることもあります。 初期症状と...

 膠原病で赤い斑点が出るのは、どうしてなのでしょう。 膠原病の一つとして、「全身性エリテマトーデス」という疾患があります。 このエリテマトーデスとは、ドイツ語で皮膚の赤い斑点を意味する言葉になります。 特に、顔に蝶々の形をした赤い斑点がでることが特徴的なことからその名が付くようになりました。 ただ、この病気は皮膚だけでなく、血管や関節、内臓などのそれこそ全身に炎症を起こすようになります。 しかも、...

 膠原病は治るのでしょうか。 膠原病は、一つの病気を指すのではなく、いくつかの特徴的な症状を現す病気を総称した呼び名です。 この膠原病に属する病気には、関節リウマチや全身性エリテマトーデス、多発性筋炎・皮膚筋炎、強皮症、ベーチェット病、シェーングレン症候群などがあります。 この内の関節リウマチはよく聞く病名ですが、それ以外は一般の人にとっては馴染みの薄い病気です。 そして、この膠原病はその原因が未...

 膠原病を治す方法はあるのでしょうか。 膠原病は、その原因が未だに解明できていない病気です。 膠原病に含まれる病気の幾つかは、厚生労働省によって特定疾患に指定されています。 この特定疾患に指定されている病気は、その原因もわからず、治療法も確立されていないものです。 これは、申請することでその治療費の補助を受けることができるようになっています。  ほぼ無料で治療できるのですが、その分治療の過程や効果...